うつ病克服体験記

うつ病は怖いと聞いていましたが本当です

更新日:

うつ病に悩まされている人は多いですよね。
最近はうつ病にかかって入院したり休職したりする人が年々増えているそうです。

つい先日知り合いが突然うつ病を発症し現在は精神科に入院しています。
窓に柵がある個室だそうで、家族以外はお見舞いもできない状態だと聞いています。私自身もこれまで度々うつと思われる症状になりました。

うつ病の原因とはじまり

パソコン

原因は主に職場の人間関係の悩みからなのですが、1番酷かったのは3年前に経験した症状です。上司が変わり同僚もほとんど別の部署に異動になり、体制がガラっと変わってしまったのです。

それまでは自分の意見を述べたり、それなりに責任のある仕事も任せてもらえていたのですが、それらの仕事を全て上司に取られてしまったのです。本来あなたに任せられる仕事じゃないからという一言に愕然としました。7年間仕事をしてきて自信がついた頃だったので余計に悲しい言葉でした。人生で最大に落ち込みました。

今思えばここからすでにうつ病は始まっていたのだと思います。最初は全く自覚がないのです。
なんだかダルいという感覚でした。そこからどんどん症状が悪くなっていくのです。
元々精神性胃炎持ちだったのですが、夜寝て朝起きる時間になると「仕事に行かないといけないんだ」と不安と緊張で胃がキリキリ痛み、スッキリ起きることができません。

そのうち夜も眠れなくなり、常に胃が痛むようになりました。
休日はマシになるのですが、それでも胃がもたれて重い感じで胃薬が手放せなくなりました。でも症状が長引くにつれ胃薬も効かなくなり、飲むと吐いてしまうようになりました。

 

病院にもいけない

聴診器と診断書

その頃には食事をしても吐いてしまい、最終的に固形物が食べられなくなってしまいました。
そこまで来てようやく病院に行くと胃痙攣と診断され薬を処方されました。自分ではこれはもしかしてうつ病なのではないか?と思ってはいましたが、認めてしまうと自分は弱い人間だということを自覚することになってしまう。

それが怖くて医師に仕事などで悩みはないかと問診されましたが、特にありませんと答えました。でも、これで終わりではありませんでした。

夜眠れないので、日中仕事をしている間ずっと眠いのです。仕事中に寝るわけにいきませんから辛いです。
こんなに眠いんだから今夜は寝れるだろうと思うのですが、翌日仕事の日は不思議なことに眠れません。
休日になると死んだように眠ります。休みの日なのにどこにも出かけることもなく眠るのです。旅行に行くのが趣味でしたが、出掛ける気力も計画を立てる気力も起きなくなりました。

どんなに面白いテレビをみていても、気がつくと自分だけ笑えていない。何をしていても楽しくない。
家族で食事をしていても楽しく食べられない。ほとんど拒食症に近い状態でした。

でも、家族には自分の状態を話していませんでした。母親が作ってくれたご飯を無理をしてお腹に詰め込んで、ごちそうさまを言って自室に行くフリをしてトイレに駆け込んでお腹に詰め込んだものを吐き出すのです。

母親がせっかく作ってくれたご飯を…。吐きながら泣きました。「お母さん。せっかく作ってくれたのにごめんなさい。勿体無いことしてごめんなさい。」毎日それを繰り返していると、自分がここに存在していることが悪いことなんじゃないかとか、もっと心が強い人間だったらよかったのにとか自分で自分を否定するようになりました。

食事を摂ることができないので力も入りませんし、ますます何もする気が起きません。
他にも身体の変調は様々な症状で現れました。口内炎が頻繁にできたり、唇の両端が擦り切れたようになって血が出たり(ビタミンD不足によるものだそうです)、生理も遅れ気味になったり不正出血したり、不調が次々と襲ってきました。

夜ベットに横たわりながら突然意味もなく涙が溢れてきたり、大声で叫びたくなる衝動に駆られたり、誰もいない場所へ行ってしまおうかと考えるようになりました。わけもなくイライラして頭を掻き乱したり、身体を壁に打ち付けたり、汚れてもいないのに何度も手を洗ったりしました。眠るために普段は飲まないお酒を飲むようになりました。

胃痛を抱えながら飲んでいますから翌朝は吐き気がして目が冷めます。
このまま行ったら自分はもしかしたら死んでしまうのかなと思いました。その頃になってようやく医師に相談して精神安定剤を処方してもらいました。

胃痛が始まってから実に半年経っていました。
薬を飲むと気分がいくらか落ち着いて、不安な気持ちも抑えることができるようになり、それまでよりは夜眠れるようになりました。

ただ、寝ている間は悪夢ばかりみていました。誰かに追いかけられる夢や高いところから落ちる夢。一生分の悪夢をみた気がします。

 

打ち明けると少し楽になる

ごはん

そしてある日、自宅のリビングで倒れました。貧血です。

目を開けると母がいました。ドスンとすごい音がして来てみたら私が倒れていたので慌てて駆け寄ったと言われました。母は心配そうに私に聞きました。
最近ずっと様子がおかしいが何かあったのかと。そして私が数ヶ月間いつも胃薬を飲んでいたこと、時々トイレで吐いてることも気付いていたと言われました。
もう隠しておけませんでした。母に今までのことを全て話し、二人で泣きました。それから4ヶ月後に仕事を辞めました。仕事自体は好きだったので続けたいと思っていましたが、心も身体も限界でした。

転職して今は楽しく仕事をしています。一度ドン底を味わっているので少しのことでは落ち込まなくなりました。
ですが、今でも怖いのです。一度うつ病になっているので、同じことが起こり得るわけですから、また同じようなことがあったらどうしよう。

またうつになってしまったらどうしよう。またあの地獄のような日々を送るようになったらと思うと本当に恐ろしいです。

うつ病がまたぶり返したら今度こそ死ぬんじゃないかと…何より母に心配をかけたくないので、このまま平和に仕事を続けられるように祈るばかりです。

-うつ病克服体験記

Copyright© うつ病克服クラブ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.