うつ病克服体験記 産後うつ

産後うつの私が感じる病院とカウンセリングの効果

更新日:

私は5年半前に第一子を出産後に産後うつになりました。

産後うつは半年から1年程度で快方に向かう人が多いとされていますが、私の場合は元々の精神的な不安定さがあり、うつ病の状態が固定化されてしまい

回復してきたかなと思えるまでに2年半~3年程度かかりました。

今も通院して内服をしています。

 

 

最初に産後うつと診断されて

こども

 

産後うつの治療としては、まずは眠れないという状態が深刻だったので、睡眠薬であるレンドルミンが処方されました。
また抗うつ薬としてはデプロメール、抗不安薬としてソラナックスが処方されました。
デプロメールとソラナックスを内服して状態が良くなるかなと思って期待をしていましたが、なかなか状態が変わらずに薬の量が増えていきました。

その時は子どもを抱えて自宅で主婦をしていたので、人と会う機会も少なく、引きこもりのような状態で、気持ちが死んでいるようにして過ごしていました。
子どものお世話をすることも辛く、笑えない、楽しめない、子どもと向かい合っていても可愛いと思えるのに幸せな気持ちになれないということでどうしたのかと
思いましたし、こういった状態が続くなら消えたいと何度も思いました。
しかし子どもがいるから消えることはできないと思いました。

 

産後うつにたいせつなのは、信頼できる病院

医師

私は今は良い病院が見つかり、安心して通えていますが、ここに来る前には、病院をはしごしていました。
最初にかかったところは医師がきつく怒り出すことが多い、次の医師は頼りなくいつもぼんやりとした意見しか言わない、次は診察時間がいつも3分など
問題があり、心療内科で自分がここと思うところを見つけるのも難しいなと思いました。

私が一番しんどかった時も回復した原因としては、しんどい気持ちの中育児をしていても、子どもは育っていきましたし、母親として頼りないけれども
子どもに影響は及んでいないのかなという風に楽観的に感じることができたことです。

途中から薬はレクサプロ、リボトリール、マイスリーに変わったのですが、自分にとってこれらの薬がとても向いていたことも良かったです。
抗鬱薬、抗不安薬にしても色々な種類があり、自分にどれが合っているかは個人差があり、飲んでみないとわからないこともあるようです。
レクサプロは抗うつ効果が高めで安心して使える比較的新しい薬ということで、この薬に巡り合えて良かったと思います。
またマイスリーについても、入眠を助けるというもので、まとまった睡眠が確保できるようになってきました。

うつ病になってから3年経過後に再び妊娠をして、第二子を出産してもうすぐ第二子が2歳になります。
一人目の産後に不安定になりうつ病になりましたが、不思議なことに第二子の産後は比較的に安定していました。
一人目の子はおとなしい子で若干繊細なこともあり、人見知りが強い子で、そういった神経質な部分を育てていくのは少し大変なところがあります。
しかし二人目の子は、やんちゃで元気な男児で、周りを明るくするようなパワーを持っていました。

二人目を作るかどうか、自分のキャパを超えていないのかどうかについてすごくすごく悩みましたが、結果として二人目を授かったことによって
うつ病の状態が良くなりました。今までは一人の子に向き合ってエネルギーをかけていたのが、分散されることにより、あまり考えすぎない
一人のことで悩み過ぎない状態になったからだと思います。

カウンセリングも有効的に活用すべき!

服薬とともに最近ではカウンセリングを始めました。
カウンセリングを受けたり、日々治療をする中で、自分が真面目過ぎて息苦しい考え方をしていること、こうでないといけないなど固く考えているということを
つかむことができました。

夫婦関係についても私の産後うつを理解してくれなかった夫に対して恨みに近い感情を根深く持っていましたが、カウンセリングを受けることによって徐々に気持ちが
落ち着きましたし、一度すべてを吐き出すことによって、少しは楽になれたように思います。

まだまだ薬なしでは過ごせませんし、回復しきっているとは言えない状況にありますが、このまま良い方向に少しづつ変わっていけるのではと思います。
休養をするという点では、子どもを育てて、家事をしてということをしているので、産後から今までゆったりと過ごせているなと思えることはありません。
第二子が幼稚園に入園するのが今から3年後になるので、下の子が育っていくことによって徐々に育児の手が離れて、楽になっていけるかなと思います。

子育てに対して自信が全くない状態からスタートしたのですが、上の子が幼稚園に通うようになり、幼稚園の先生と連携できるようになりましたし、娘には
繊細さ上の課題もあるのですが、それを相談できる場所も見つかりました。一緒に遊べるママ友も見つかりました。
そのようにして自分の周りのネットワークが徐々に出来上がる中で、気分転換もできるようになったことが良かったと思います。

服薬はまだまだ続けていきますが、焦らずに完治を目指していきたいです。

-うつ病克服体験記, 産後うつ

Copyright© うつ病克服クラブ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.