口コミ

エンジニアの採用に苦労する企業が多い?その理由と採用の3つのポイント

更新日:

 

エンジニアは社内システムを構築したり、改善したりして企業が高パフォーマンスを実現する上でもとても重要な役割を果たしている職種です。そうしたエンジニアを採用するという時に、エンジニア採用に苦戦する企業も多くあります。そこで、エンジニア採用の3つのポイントやエンジニアの採用方法などについて長所と短所をご紹介してみたいと思います。これらの点を知ることでエンジニア採用プロセスをよりよくしていくことができ、ニーズに合ったエンジニアを採用することにつながっていくといえます。

 

エンジニア採用に苦戦する企業が多い理由とは?

エンジニアは企業の業務をスムーズに進めたり、企業パフォーマンス性を高めたりするのにとても重要なポジションです。しかし、こうしたエンジニアを採用するという場合に苦労している企業は多いのです。なぜ多くの企業はエンジニア採用に苦戦するのでしょうか?

この点についてはいくつが理由が考えられます。まず最初に挙げられる点が、企業の求めるエンジニアニーズは日々高度化しており、そうしたニーズを実現させることができるエンジニアの数に限りがあるということです。求めるエンジニア技術やスキルを持つエンジニアの数が企業のニーズに追い付いていないということが挙げられます。

また、適切に対応できるエンジニアがいたとしても、そうしたエンジニアを見つけることが難しいということも挙げられます。適切な技術やスキルを持つエンジニアはいるけれども、そうしたエンジニアにアクセスすることが難しいということです。また、アクセスしできたとしても、そのエンジニアがリクルーティングに応じてくれるかどうかということも採用の苦戦の理由にもなります。こうした高いスキルレベルを持つエンジニアは採用したい企業も多く、自社で獲得するためにはエンジニアにその企業で働いてみたいと思わせるだけの企業的な魅力なども必要になります。

 

◯エンジニア採用の3つのポイント

では企業がエンジニアを採用するためのポイントにはどのような点が挙げられるのでしょうか。そこで、エンジニア採用の3ポイントをご紹介してみたいと思います。

①要件定義・ペルソナの設定を見直す

まず、最初の点として挙げられるのがペルソナの設定および要件定義を見直すということです。採用ペルソナを定めるということが採用活動では大切なスタートポイントになります。採用プロセスの最初で行うべきことが求める人物像を策定するということになります。どんな人物を求めるのかといったことを明確にし、作用チームで共有しておくことが必要です。また、要件定義を見直すということもどんな人物を採用するのかを明確化するために大切なポイントです。そうすることで、採用のためのプロモーションの内容や採用スケジュールや採用単価も変わってきます。具体的にどういった人を採用したいのかということをはっきりとさせておくことがエンジニア採用の一つ目のポイントです。

 

②自社の魅力を伝える

二つ目のポイントとして挙げられるのが、自社の魅力を的確に伝えるということです。採用ペルソナを設定して、希望の人材にアクセスできた時には、その人物に自社の魅力をきちんと伝わるようにできなければ、せっかくの人材も自社で働きたいという気持ちになることができないでしょう。自社はその人が働いてみたいと思われるくらい魅力的である必要があるのです。そのため、採用担当者自身が自社がどのような点で素晴らしいのかを持っておくことが大切です。

 

③面接内容を見直し

三つ目のポイントとして、面接内容の目的を明確にするということが挙げられます。面接内容の目的がはっきりしなければ、何のためにそのエンジニアを採用するのかということが見落とされてしまいます。

面接後に採用した後に、採用の目的と違っていたといったリスクがあり、採用活動がスムーズに運ばないということもありえますし、面接時には採用する目的を明確にしておき、目的に沿うエンジニアを雇用するようにすることが大切です。

 

エンジニア採用の方法

エンジニア採用の方法には主に求人媒体を利用する方法とエージェントを利用する方法、そして、スクールから採用する方法があります。そこで、それぞれの特徴とメリットデメリットをご紹介しましょう。

求人媒体を利用する

求人媒体はリクルート誌などに求人情報を出して、求人を募るという方法になります。この方法は求人雑誌や求人サイトなどの求人募集を行うための媒体に求人情報を掲載し、採用を希望するエンジニアの方に求人に応募してもらうという方法です。この方法のメリットは広く求人を募ることができるという点が挙げられます。しかし、具体的な仕事内容や会社側が求める具体的な人物などが伝わりに杭というデメリットや採用に時間がかかるというデメリットなどもあります。

エージェントを利用する

エージェントを利用すると、応募者側と会社側の間にエージェントが立ち、双方の細かな採用に関するニーズを調整してもらえるというメリットがあります。また、事前にエージェントがその人物を知っているため、会社側にもエージェントからその人に関する具体的な情報を採用前に伝えてもらえるため、採用のミスマッチが起こりにくいというメリットがあります。しかし、エージェントを活用すると採用コストが高くなるといったデメリットなどがあります。

 

スクールから採用する

スクールから採用する方法は、エンジニアの卵を採用することができ、将来的な成長も期待できるという採用方法といえます。この方法のメリットは経験がない場合でも就職先が見つかりやすいという応募者側のメリットがあります。同時にそれは採用する企業にとっても経験がないため教えたことの九州スピードが速いというメリットにもなるでしょう。けれども、デメリットとしては実戦的な経験が少ないため、エンジニアとして教育する人材が必要であり、一人前のエンジニアとして成長するのに時間がかかるという点が挙げられます。

 

即戦力を求めるならフリーランスを採用するのもあり!?

即戦力を求めているという場合、自社で採用して育てるという時間的な余裕はないといえます。そんな時は、フリーランスエンジニアを採用するというのもおすすめの方法です。フリーランスエンジニアはすでに完成したスキルを持ち、仕事を的確に進めてくれるというメリットがありますので、自社で採用して育成するために時間やコストを賭ける必要がなく、依頼した仕事をきちんと完成させてくれるというメリットがあります。そのため、即戦力を求めているという場合にはフリーランスエンジニアを採用するという方法もあります。

-口コミ

Copyright© うつ病克服クラブ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.