婚活・恋愛

私が大阪で彼氏を探そうと思った体験談

投稿日:

私が彼氏が欲しいと思ったのは社会人1年目のときです。当時付き合っていた彼氏と別れて寂しいというのが大きかったように思います。そして出会いを求めようと思って見つけたのがサークル活動でした。ちょうど運動がしてみたかったことや、趣味を持ちたかったし彼氏も欲しかったという軽い気持ちからでした。そしてたまたまサークルで大阪でいつも活動していて仲間を募集していた中から、初心者歓迎と書かれた大阪の婚活サークルへ入ることになりました。私が入ったサークルは女子は3-4人の変動があり、男子も5-8人と変動があるような、予定が合えば参加するといった形の社会人サークルでした。そして緊張の初日に出会ったのが、運命の人でした。彼はサークルの一員だったんですけど、テニスもうまくて結構かっこよかったように思います。ちょっと引き締まった感じででも頭もいい、そんな感じでした。最初はドキドキしながらもテニスの楽しさもあり、しばらくは恋愛そっちのけとなりました。しかしサークルでいつも飲み会をやるんですけど、その時につい飲みすぎてしまい、その彼のお家に泊まらせてもらうことになったんです。そこでいろんな話をしてより親密になったように思います。そこからはテニスサークルの日以外でも連絡を取り合うようになり、梅田へ2人で遊びに行ったりするようになりました。ちょっと恋人になれたようでうれしかったです。でも最初は楽しかったんですけど、このまま中途半端なままではいけないなと思い、私から告白することにしました。そして勇気を出して告白するとあっさりOKをもらうことができました。かなりうれしかったですし、久々の彼氏で本当にテンションが上がっていたように思います。それからはサークル内ではやはりしめしがつかないということで秘密のカップルとして、テニス中はテニスに集中して終わったら、こっそり2人で抜けてデートをするなどしました。秘密の関係みたいでより楽しかったように思います。彼女としてお家に遊びに行ったり、料理を作ったこともありましたし、充実した日々を過ごすことができました。やはり出会いって合コンだとどうしても親密になりづらかったり、相手の見た目で判断してしまうということがあると思います。私はこうやって少しづついろんな方と関係を深めていくようなサークルだったからこそ、当時の彼氏に出会えたんだと思います。今は別れちゃったんですけど、時々懐かしくなってしまいます。

-婚活・恋愛

Copyright© うつ病克服クラブ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.