口コミ

Webライティングの外注は代行会社?クラウドソーシング?相場や発注のポイントを紹介

更新日:

今では多くの企業が力を入れているwebライティング。

しかし、webライティングで狙ったキーワードを上位表示させるには、SEOに関する知識と、記事執筆の時間が必要です。

そのため、webライティングを外注して効率的に済ませたいと考えるweb担当者様も多いのではないでしょうか?

今回はWebライティングを外注しようと考えているweb担当者様に向けて、外注依頼の方法や相場、失敗しないためのポイント、おすすめの外注先などなど、webライティングの外注に関するあれこれをわかりやすく解説していきたいと思います。

webライティングを発注するメリットとは?

webライティングを発注する最大のメリットは、コンテンツの量を効率的に増やせることです。

Google検索で上位表示させるための手法「SEO」において、コンテンツの量は、コンテンツの質と同じくらい重要な評価基準ということをご存知でしょうか?

検索ボリュームが大きいキーワードになればなるほど、サイト内のページ数や記事の文字数は必要になるため、社内の人員だけで作成するのは正直厳しいかと思います。

また外注先によっては、SEO知識がほとんどなくても上位表示される可能性が高い「SEOの観点から見たクオリティの高い記事」を納品してもらうことも可能です。

コンテンツの量と質。外注において、この2つを両立させるのは簡単なことではありません。

続いては、webライティングの外注先によって違う納品物の特徴をご紹介しましょう。

クラウドソーシングとWebライティング代行会社の違いとは?

webライティングの外注方先は大きく分けて、クラウドソーシングとwebライティング外注会社の2種類に分けることができます。

まずはそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

①クラウドソーシングでフリーランスに依頼する場合

クラウドソーシングでは、そのサービスに登録する不特定多数のフリーライターにライティング案件を公開することが可能です。

クラウドソーシングを利用する1番のメリットは、コストを抑えつつ大量の記事を発注できること。

前述した通り、コンテンツSEOにおいて、コンテンツの量は重要なポイントとなるため、その点においてクラウドソーシングは非常に役に立つでしょう。

ただし、企業に属さない不特定多数のフリーライターに仕事を依頼することになるため、基本的に納品される記事のクオリティにはばらつきがあります。

中にはgoogleから「質の低いコンテンツ」として認識されてしまう記事も納品物に混ざっていることもあるため、クラウドソーシングをうまく活用するには、ある程度のSEO知識が必要ということも覚えておきましょう。

クラウドソーシングのメリット・デメリットまとめ

■メリット

  • 時間をかけずに多くのライティング案件を発注できる
  • 低コストで発注できる

■デメリット

  • コンテンツのクオリティにばらつきが出てしまう
  • ある程度のSEOに関する知識が必要

②Webライティング代行会社に依頼する場合

Webライティング代行会社にWebライティングを依頼すると、依頼内容にあったライターに執筆を代行してもらうことが可能です。

企業に属している分、ライターには一定以上のスキルが担保されているため、納品物のクオリティにばらつきは出にくく、上位表示されやすい、品質の高い記事が期待できます。

また、Webライティング代行会社はライティング部分だけでなく、競合調査、対策キーワードの選定、さらにはメディアの戦略・運営の相談やサポートまで行っている会社が多いため、初めてコンテンツマーケティングに取り組むWeb担当者様にとって非常に心強い味方となるでしょう。

ただし、クオリティが高くサポートが充実している分、クラウドソーシングと比べてコストがかかるということを覚えておきましょう。

Webライティング代行会社に依頼するメリット・デメリットまとめ

■メリット

  • クオリティの高い納品物が期待できる
  • 戦略企画・運営面など包括的なサポートも受けられる

■デメリット

  • クラウドソーシングと比べてコストがかかる

クラウドソーシングと代行会社。結局どっちがおすすめなの?

両者ともにメリット・デメリットがあり「どちらかが優れている」とここで断言することができません。

例えば「コンテンツマーケティングのスタートラインに立つために、今はとにかくコンテンツの量が欲しい」という場合には、低コストで依頼が可能なクラウドソーシングが適しています。

逆に「薬事など専門的な分野を取り扱うため、記事の品質は重視したい」という場合は、代行会社一択といえるでしょう。

また、クラウドソーシングで大量の記事を外注したものの、成果を得ることができなかった場合、代行会社に新規ライティングではなく”リライト”という形で依頼し、大量にある記事を無駄にすることなく活用することも可能です。

逆に、代行会社にライティングを外注してノウハウを蓄積し、慣れてきたらクラウドソーシングを利用してみるのもおすすめです。

クラウドソーシングと代行会社、どちらかが優れていると決め付けるのではなく、目的に応じて、両者をうまく使い分けることが、外注に失敗しないための1番のポイントです。

Webライティング外注の相場

外注にかかる費用はクラウドソーシングと代行会社で10倍以上の差がある場合があります。

ここからは、大手のクラウドソーシングと代行会社でかかる相場を見ていきましょう。

クラウドソーシングの外注相場

サービス名 相場
クラウドワークス 1文字0.3円~1.5円程度
ランサーズ 1文字0.3円~1.5円程度
Shinobiライティング 1文字1円
sagoooワークス 1文字0.2~0.8円程度

クラウドソーシングで一定以上の品質の納品物を求める場合、明確なライティングマニュアルと構成を作成した上で1文字0.3円以上のコストをかける必要があります。

ただし、マニュアルや構成が作れない場合には、文字単価1円以上で設定することをおすすめします。

ちなみに、高単価でライティング案件を発注すると、多くの募集が集まり、依頼できるライターの選択肢が広がるというメリットも。

どのKWのライティングコンテンツに、どれくらいの報酬額を設定するかが、クラウドソーシングを活用するための重要なポイントです。

代行会社の外注相場

企業名 相場
Buildup 1文字7円~
記事作成代行ドットコム 1文字2円〜10円程度
アフィリエイト秘書.com 1文字1円
サグーワークス 1文字0.75円~4.5円程度
株式会社バズったー 1記事3万円~5万円

代行会社によって単価は異なるものの、外注を依頼するのであれば予算相場は1文字4円程度。1記事2,500文字の記事を月10本外注する場合、10万円程度の費用がかかります。

なお、代行会社に外注するコストを比較するのであれば、ライティングだけでなく、コンサルティングの領域もしっかりと確認しましょう。

一見費用の高い代行会社でも、結果的にはお得なんてこともありますので注意しておきましょう。

Webライティング外注のポイント

クラウドソーシングでも代行会社でも、どちらに外注する場合でも、納品物の品質は発注前の準備次第で大きく変わってきます。

ここからは、それぞれの外注のポイントを相場を含めてご紹介しましょう。

クラウドソーシングでフリーランスに依頼するときのポイント

先ほど、クラウドソーシングで外注する場合”ある程度の工数がかかる”とご紹介しましたが、この工数のかけ方次第で、納品物のクオリティは格段にアップします。

まず、必ずやるべきポイントとして、ライティングマニュアルの作成が挙げられます。

ライティングマニュアルに必ず記載すべきポイントは4つ。

  • 想定ターゲット:この記事の読者象
  • 記事の目的:読者が記事を読み終えたあとにどのようなアクションを求めているのか
  • 表記ルール:文体(です・ます調など)や表記の統一(様々・さまざま)英数字の半角全角など
  • SEOルール:キーワードや関連語の含有率など

また、クラウドソーシングから外注する場合、代行会社と比べてライターとの意思疎通が取りづらく、想定していたものからかけ離れた納品物が上がってくるケースが多々あります。

また大量にライティング記事を発注した場合、修正依頼を出す手間が非常にかかるため、そういった失敗を防ぐためにも、構成を予め作成してから外注することをおすすめします。

ライティング代行会社に依頼するときのポイント

代行会社に依頼する場合、一番重要なポイントは代行会社選びです。

代行会社を選ぶ際に「制作本数が◯本」「◯キーワード上位表示達成」という実績に目が行きがちですが、実際に見るべきポイントは「自社サービスと同ジャンルの実績があるか」です。

例えば、単価を安く設定している企業の場合制作本数が多いのは当然ですよね。

また記事の上位表示達成数も、キーワードによって上位表示の難易度は大きく異なるため、代行会社のSEOに関するノウハウ深さを図るには不十分な情報といえるでしょう。

一方、同ジャンルの実績がある代行会社であれば、専門的な知識を持つライターが所属している可能性が高く、打ち合わせから納品、記事アップまでスムーズに進めることができます。

また、Webライティングを依頼するときには、代行会社側と認識の差異を減らすことが重要です。コンテンツマーケティングの具体的な目標数値や、自社の強み、弱みは何かなど、打ち合わせでしっかりと認識をすり合わせましょう。

webライティングを外注するならここがおすすめ!

最後に、現役SEOマーケターおすすめのwebライティング外注先を、発注のポイントを含めてご紹介していきます。

外注先にお悩みの担当者様は、ぜひお試しください。

クラウドワークス&ランサーズ

クラウドソーシングで記事を大量に発注する場合、クラウドワークスとランサーズ両方を利用することをおすすめします。

クラウドワークスとランサーズは、国内クラウドソーシングの2トップとも呼ばれているサービス。案件数・知名度共に同程度の数字を誇っており、どちらかが優れているとは比較できません。

強いていえば、クラウドワークスはフリーランスと直接面談ができる。ランサーズはサポートが厚い。という違いがありますが、両方を利用し、目的にあったフリーライターを見つけることが、成功への近道ですよ。

サグーワークス

ライターとのマッチングから納品まで、全て手放しで外注したい場合におすすめな記事代行会社がサグーワークスです。

サグーワークスはコンテンツマーケティング事業を中心とするウィルゲートが運営する、国内最大規模のwebライティング外注サービスです。

SEO知識がなくても質の高い記事を外注できる「オーダーメイド発注プラン」や、構成や記事内容を決めて発注する「低価格・スピードプラン」など、要件にあったプランが用意されているため、目的に合わせて利用することができます。

サグーワークスを利用するときのポイントは、ライターに具体的な要望を出すこと。参考となるサイトや商品などを具体的に出すのはもちろん。想定する読者(ターゲット)、執筆者のスタンス、記事の目的なども可能な限り具体的に提示することで、理想の記事を納品してもらえる可能性がグッと上がりますよ!

まとめ

現在、コンテンツマーケティングはBtoB,BtoCどちらにおいても、無視できないマーケティング手法となっています。

その中でも、コンテンツSEOのライティング部分は気軽に始めることが可能で、尚且つ高い効果も期待できる領域です。

しかし、多くの企業がオウンドメディアなどのコンテンツマーケティングに力を入れた結果、競合が増えて難易度が上昇しているのも事実。

今からwebライティングを初めて成果を出すためには、外注はほぼ必須といっても過言ではないでしょう。

今、ライティングの外注を考えているWeb担当者様は、ぜひ今回紹介したポイントを覚えて、質の高い”上がる記事”を効率よく集めてくださいね!

-口コミ

Copyright© うつ病克服クラブ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.